ムダ毛を完全に無くす

レーザー

クリニックの施術方法

現在では脱毛というと、永久脱毛を想定するようになっていますが、永久脱毛というのは毛の毛根にある毛母細胞と毛乳頭を破壊することで成立します。つまり、毛母細胞や毛乳頭が破壊されることで、新しい毛が生えてこなくなります。ただ、毛根を破壊する行為は体を傷つけることから医療行為に該当するため、医師や看護師のいるクリニックでしか施術をすることができません。従って、エステで行う脱毛には永久という言葉を使用することはできません。クリニックで行われる施術は「医療レーザー脱毛」と呼ばれています。照射したレーザーの光が毛に含まれるメラニン色素に反応して熱を帯び、その熱でもって毛根を破壊します。なお、レーザーの光を照射するだけなので、部位にもよりますが施術自体は20〜30分で終わります。医療レーザー脱毛は非常に効果の高い脱毛ですが、弱点として、レーザーが黒いメラニン色素に反応する性質があるため、陰部や乳輪、ホクロなどの黒い部位にある毛に使用すると、周りの皮膚に熱が伝わることで、若干の痛みを生じることがあります。また、エステの脱毛と比べると、費用が高額になっています。なお、医療レーザーで永久脱毛ができるといっても、一度の施術で完成するわけではありません。毛には毛周期といって成長期、衰退期、休止期というサイクルがあり、休止期にある毛には施術の効果が及びません。従って、永久脱毛を完成させるには、部位の毛の毛周期に合わせて3〜5回施術を行う必要があります。